History

暗闇のなかに突然、雹(ひょう)のような一筋の光がさした。

闇は藍色、光は黄色、その両方が重なり融合するその時、緑が生まれる。
その色は、生命のはじまりを意味し、さらなる光と共に、生きるための要素を創出していく。

その光は、確かに緑の核を生み落した。
やがて人型という媒体を宿し、大海原の中で幾重もの皮膜を重ね、真珠のように形成されていった。
パールマネキンのはじまりである。

紆余曲折と共に季節はめぐり、でこぼこしていた真珠も、
美と調和を誘いながら、人々の誠実な想いを重ね、成長していく。

その想いは、まるで何かに引き寄せられるように集結してきては、
深みのある色へと変貌し、輝きを増していった。

そしてその輝きは、共感の響き合う光となり、
暗闇の海底をも照らし、大地へのつながりを示唆していく。

あれから半世紀が過ぎ、真珠は、煌きの共感を何層にも重ね、
imaをかたちにしながら、真円に近づこうとしている。
限りなき、大きな夢に向かって。

Suddenly,a ray of light like hail shined in darkness

Indigo blue of the darkness , and yellow of the light
When these colors faded into one another, green is born.
This color signifies the beginning of the life, and creates factors to live with further light.

The light surely dropped a green nucleus.
Soon after, it carried a tiny human shaped life.
It filmed and filmed in the ocean, and was gradually formed into a pearl.
This was the beginning of PEARL MANNEQUIN.

The time went by with twists and turns,
the pearl transformed from its distorted shape whilst being surrounded by beauty and harmony.
It grows up by the faithful feeling of people.

Those feelings gathered as is they were drawn to something.
They changed into a color of great depth and shined themselves further more.

That shine becomes the light of sympathy.
It lights up the dark bottom of the sea and shows the way to the earth.

Half a century passed since that.
With putting sympathy of the gleam one after another,
with making the vogue into a shape, A pearl is getting closer to a globe.
toward the boundless big dream