昨今、リテーラーさんたちが口をそろえる「ネット社会におけるリアル店舗のあり方」(もはや耳タコでしょうか?)。我々も空間づくりのお手伝いをさせていただいている以上、これは避けて通れない&とても重要なテーマとなっております。

pearly daysでも何回かご紹介してきたニューヨークや上海での魅力的な買い物体験(リテールテイメント)、これを実現させるためのツールをいくつかご紹介します。


人感センサー搭載のスタンド式モニター

リアル店舗の入口でよく目にする、一見どこにでもありそうなモニター式の看板。と思いきや、前に立った人の性別・年代(=属性)を識別し、その人が欲してそうなモノやサービスの広告動画に切り替わります。

※ 予め属性に応じた動画コンテンツをセッティングすることでこの仕組みを利用することができます
※ 少し専門的な言い方をすると「属性パターン別に再生コンテンツを切り替えられるFACEMATCH機能」がついています

「あなたはこれが好き?」自動的な購買訴求が可能です。
この仕組み、日本では都心のタクシーでも使われてます。

SNSとつながるディスプレイモニター

Facebook・Instagram・YoutubeといったSNSとつながり、写真や動画の表示ができる薄型スクエアモニター。SNSを活用したブランディング活動が盛んな今だからこそリアル店舗でも消費者に視覚的な体験を提供したいですね。

※ iOS・Android搭載の端末(スマホ・タブレット)から専用アプリを使用して簡単に設定ができます。

「いいね!」カウントもリアルタイムで更新されます。
モニター+ビジュアル+陳列がセットとなったパネル什器。

様々なシーンが体験できるフィッティングルーム

リアルな買い物体験の中で、最も大事にしたい要素の一つが、試着や試食など「実物をそこでお試しできること」だと思います。このフィッテングルームは光•音•映像の調整機能を取り入れ、「より特別な試着体験」を提供します。

明るさをコントロールできる調光機能を持った照明。シーンによって見え感が異なるコーディネートの印象を確認できます。
ボタン一つで様々な背景を楽しめます。鏡に映った自分はまるでパーティ会場にいるような感覚。インスタ映えも間違いなし!
ルーム内の人にしか聞こえない超指向性スピーカー。映像と連動して音も変えられ、よりその世界観を楽しめます。

オンライン購買が盛況でも、リアル店舗はなくならない!

買い物のデジタル化が進み、オンラインでの売上は年々上昇していますが、いまでも小売業売上のおよそ94%はリアル店舗からの売上で構成されています。加えてアマゾンやアリババのような(オンライン販売における)世界のリーディングカンパニーも「リアル店舗づくり」の強化を図っていることから、まだまだ可能性を秘めた領域であることは間違いありません。

従来の店舗からアップデートした「リアルな体験型店舗づくり」への挑戦はまだまだ続きます。

デジタルショールーム『ACTIVE STORE (アクティブストア)』とは?

デジタル技術の進歩により、店舗では、店頭販売だけでなくネット・モバイル・SNSなどあらゆるチャネルを連動させて顧客にアプローチする、オムニチャネル化が進んでいます。

パールマネキンは、オムニチャネル時代の次世代型リアル店舗を「ACTIVE STORE」と定義しました。

この度、パールマネキン名古屋スクエア内(名古屋市西区)に、ショールーム 「ACTIVE STORE(アクティブストア)」を東京スクエアより移動開設いたしました。今回ご紹介したアイテム以外にもデジタルツール中心に、アクティブストアの要素をたくさんご用意しております。

ショールーム見学のご予約は各担当営業、もしくはこちらの問い合せフォームより受付しております。皆さまのご来場をお待ちしております。