パールマネキンのクリエイティブに欠かせないクリエイターを紹介するインタビュー企画「クリエイティブの美学」。今回は、パールマネキンで スペースデザイン設計士 として活躍する 小澤 健一(おざわ けんいち) を紹介します。

アウトドアアクティビティを好み、自然との触れ合いを大切にする小澤の、クリエイティブの美学とは?

小澤 健一(おざわ けんいち) / パールマネキン スペースデザイン設計士 として、店舗、什器、展示会、オフィスと多岐に渡る空間設計をしている。二級建築士。生粋のアウトドア派で、週末には仲間とのサーフィンでリフレッシュ。

長野県の中心にある諏訪湖の湖畔に面した街・岡谷市に生まれ、中学からは両親の実家がある南信に。山と湖に囲まれた大自然の中で幼少期~青春時代を過ごしました。今でもアウトドアアクティビティが好きなのは、この生まれ育った環境から潜在意識的に自然との関りを求めているのかもしれません。

名古屋にある専門学校で建築デザインを専攻し、主に住宅から商業施設について基礎の基礎を学びました。課題の多い学校でしたので、朝から晩まで課題を熟していた記憶があります。この頃アルバイトをしていたアパレルショップでファッションに興味を持ち、アパレル関連に携われる職業に就きたいと考えたのです。

学校の担任からの紹介がきっかけでパールマネキンへ就職し、岐阜~大阪~東京~大阪~岐阜、、、とデザイナーとして様々な場所で様々な経験をしました。特に思い出深い仕事だったのは、大丸神戸店のVMD担当者様とのお仕事。初めの頃はちょっとした相談事を伺ったことからはじまり、時を重ねるにつれ一つずつ受ける相談事が増えていき、、、限られた時間の中でクライアントと一緒に考え、サンプルを用意し実際の商品を並べ検証して、その一つずつの積み重ねで大きな信頼につながり、とても勉強になった仕事でした。

大丸神戸店様のリビング売場の服飾ツール・演出の実績。細部にわたり、素材・機能に拘ったツール・サインVP環境。
婦人洋品売場の総合CASHIERスペースに存在をあらわすオブジェ照明。角度・バランス調整では、自作のサンプルを用意し微調整を重ね、形にしていきました。

日々の楽しみの中からイメージが生まれる

Q1:仕事をする上で大切にしていることは何ですか?

クライアントや、サポート頂く製作業者の方々、一緒に案件推進するチームの仲間たちとは、直接対話することを大切にしています。大事な場面での見極めなどには必ず足を運び、直接顔を合わせ自分の言葉で相手に伝えることで、自分の想いを余すことなく伝えられるからです。

Q2:ちなみに「この仕事って大変だなぁ」と思うことは?

初めて携わる案件は大変な事の連続です、、、特に、自身ではまだ経験の少ない「アパレル以外の異業種」などの案件に携わる時は、初めて問題の山積みで身動きが取れくなった事も、、、そんな時は「一度に全てを解決する事はできないのだから」と、とにかく「一つずつ一つずつ」問題を解決する事に意識して、一度に色々なことを考えず「一つずつ一つずつ」クリアーにすることで解決し、乗り越えます。

Q3:忘れられないお仕事エピソードなどはありますか?

以前pearly daysでもご紹介した、家具ブランド「QUON(クオン)」を製造・販売する株式会社オーツー様のオフィス&ショールーム案件です。

オフィス設計に関しては、その時まであまり経験が無く携わったことのない分野ではあったのですが、クライアントの思いに応える為、終始仲間と一丸となって打合せからデザイン・設計・施工・引渡しと最後まで無事にやり遂げることができました。全てはクライアントの想いと、仲間達の熱い願いを形にした案件です。 今となっては数々のオフィス設計にも携わっており、この時の経験全てが日々の業務に生きていると感じます。

デザイン監修した、株式会社オーツー様の全社員が集まる会議室スペース。インダストリアルモダンをテーマに社員様の熱い想いを壁面グラフィックで表現しています。
Q4:休日の過ごし方は?

昔から身体を動かす事、使う事が好きで外に出掛け過ごす事が多いです。最近は少し前から続けているクロスバイクで中距離サイクリングにはまっています。

Q5:あなたのインスピレーションの源は?

自然と戯れる瞬間。。。(波)
板に跨り、何も考えずニュートラルな状態でプカプカと。。。
時に激しく、時には静かに、自然の力を五感で感じているとき。
毎回毎回違う表情を見せてくれるところが魅力の一つです。

Q6:この仕事のやりがいは?

日々の楽しみの中からイメージが生まれる、そして楽しみから生まれたアイディアこそが相手の共感を得る、と考えてます。そんなイメージを常に持って、クライアントの要望に対して何度もヒアリングを重ね、共感し合い、創造していくところに、やりがいを感じます。

Q7:今後どんな事に挑戦したいですか?

今まで携わった事の無いジャンルの案件をやると、いつも新しい感動とビックリ!ドッキリ!な驚きであふれています。もちろん大変なこともいっぱいありますが、そこで得られる新鮮な感覚と経験値で次のステップにまた進める、、、だから常に新しい事に事に挑戦し続け、仕事の幅を今以上にどんどん拡げていきたいですね!


挑戦し、続けること。

新しい事に対しても、無理難題と分かっていながらも、常に挑戦し続けていく事で、様々な要素や形に出会い・知ることで得た、新しい発見の中にクリエイティブがあると思います。

自分の足で体験し、自分の心で感じ、自分の頭で考える、、、そうやって初めて見えてくる新しい形を常に追い求め、「挑戦し、続けること。」が私のクリエイティブの美学です。